イラスト・絵本・キャラクター制作
    冬壺茶壺 〜かわむらふゆみWebサイト〜
    illustrator/KAWAMURA Fuyumi

 

 

映画をひとつ、展覧会をひとつ、そして外出自粛

なんとも重苦しい日々となっている。”不要不急の外出の自粛”はしっかり守りたいけど、長期戦を覚悟しなくては。自粛要請が出る前に、映画をひとつ、展覧会をひとつ観ていた。30分ほど歩いて行けて、広く空いている映画館を選んだり、展覧会へは今月最初で最後の電車に乗ったけど空いていて、広大な生田緑地が会場だったし、今となっては行っておいて本当に良かった。

◆映画「ジュディ 虹の彼方に」は、10代でスターとなったジュディ・ガーランドの晩年を中心に、子供時代の苦しい姿が差し込まれ、大人たちに薬と言葉で支配されてきたことがわかる。ガリガリで精神的に不安定な47歳のジュディは痛々しく、スターの宿命なのか、こんな若くして亡くなっていたなんて知らなかった。

子供の頃テレビでたまに放映された「オズの魔法使い」の夢のような世界に魅了されたし、ちょっと怖いところも好きだった。まさか撮影時にあんな辛い思いがあったとは。レネー・ゼルウィガーはアカデミー主演女優賞なだけあって貫禄の演技と歌唱。ロンドンの世話係の女性も良かったし、ゲイカップルの家に行く場面がとても好きなエピソードだった。

 

news195

 

◆川崎市岡本太郎美術館での「第23回 岡本太郎現代芸術賞展」は実に濃厚で、パッションがほとばしる力作揃い!面白い作品だらけの中、やはり岡本太郎賞の野々上聡人作品は、平面も立体もアニメーションまでも、ぎっしりと迫力満点で凄まじい熱量!すごい。岡本敏子賞の根本裕子作品「野良犬」も、恐ろしいほどの凄み。陶土で作られているのにも驚く。

4月12日まで(月休)だけど、こんな素晴らしい展覧会が観てもらえないのはモッタイナイ。あらゆる業種が非常事態で、いったいいつまで続くのか。。ひたすらせっせと仕事をしていて、もともと引き籠もり期間だったけれど、息抜きに人と会うのもガマン。どうか、早く良い兆しが出てくることを願うばかり。

〜2020年3月〜

<< ポキート劇場:202 | main | ポキート劇場:203 >>









BLOG INFORMATION

>> Latest Entries
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links
  Copyright (C) 2005-2020 KAWAMURA, Fuyumi.

(( C O N T A C T ))contactb
Instagram


L I N E クリエイターズスタンプあります

line-stamp

"ポキート劇場" の本はコチラ

         

このページの先頭へ