イラスト・絵本・キャラクター制作
    冬壺茶壺 〜かわむらふゆみWebサイト〜
    illustrator/KAWAMURA Fuyumi

 

 

浅間国際フォトフェスティバル 2019

◆長野県の御代田町(みよたまち)は軽井沢の隣町で、以前はメルシャン軽井沢美術館だった場所が、去年、御代田写真美術館「フォトみよた」となり、無料でお披露目だったのを、今年は本格的始動で有料となった。去年とても面白かったので、仕事の切り替え時の天気の良い日を待ち構えて、期待いっぱいで訪れた「浅間国際フォトフェスティバル 2019」(11月10日まで)。

なんといっても、メインの作家がシャルル・フレジェなのだから。2016年に銀座メゾンエルメス フォーラムでの展覧会で衝撃を受け、すっかり魅了されてしまった。日本も含めた地球のあらゆる国の衣装姿の人を撮影した写真。それは華やかな民族衣装だったり、祭りや行事の土俗的な格好だったり、動物を模した姿もあって、ユーモラスであり恐ろしくもあり。もう目を見張るほどの奇抜さ! エルメスのときの作品とはダブってなかったように思う。スマホアプリの利用を推奨しているものの、私の場合は容量的に無理だったので、説明シートを手に、一点一点じっくり撮影場所チェックをして堪能した。

あの国のあの島に行って、この格好を目にする機会は来ないだろうけど、想像しただけでワクワクする。世界の広さに、違いに、多様性に。

news189

他の作家の作品も良かったし、それぞれの展示の仕方がとてもユニーク。室内で積み木のように(フレジェ)、あるいは林の中に点在していたり、浅間山を背景に置かれたもの、風に揺れる布にプリントされたもの、木にくくり付けられたもの、、 秋が深まって紅葉すると、また別の美しさが加わりそう。体験型もあって、スポンジと一緒に写るのが楽しいし、RGB_Lightの3色の影が、物の形状や動かし方で変化するのも面白かった。

キッチンカーやお弁当の出店でランチ(私は菜食弁当だった)もとれて、カフェもあるので3時間も過ごして大満足。ただ、Tシャツが8000円もするのはどうなんだろう。せっかく素敵な写真のプリントなのに買う人がいないと意味がないのでは。来年もまた楽しみにしているので、さらに良くなりますように。軽井沢から2駅だし、都内から御代田駅までのバスもあるので、ぜひオススメ!

〜2019年10月〜

<< おつかい ありさん | main | ポキート劇場:197 >>









http://hello.fuyutsubo.com/trackback/918572

BLOG INFORMATION

>> Latest Entries
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links
  Copyright (C) 2005-2019 KAWAMURA, Fuyumi.

(( C O N T A C T ))contactb
Instagram


L I N E クリエイターズスタンプあります

line-stamp

"ポキート劇場" の本はコチラ

         

このページの先頭へ