イラスト・絵本・キャラクター制作
    冬壺茶壺 〜かわむらふゆみWebサイト〜
    illustrator/KAWAMURA Fuyumi

 

 

あふれる才能を浴びる

◆夏からやっていたのにギリギリになってしまった「鈴木康広 始まりの庭」(2月25日まで)はとても面白かった。箱根 彫刻の森美術館での展覧会。箱根じたい十何年ぶり?でココは何故か初訪問。天気予報では春の陽気のはずだったのに寒かったけど、屋外屋内お茶で三時間たっぷり楽しめた。

鈴木さんの作品は2010年の瀬戸内国際芸術祭での”ファスナーの船”が初めての出会いで、なるほど〜!なアイデアにワクワクした。身近なモノゴトを”見立て”る作品の数々。水滴がポトリと落ちると切り株に年輪が現れたり、目線の高さで上か下か変わる彫刻、顔のスプーン、空気の人、手の石鹸、現在と過去のスタンプ…等、いいなぁと思うものが沢山あった。ツイッターでも日々”見立て”がアップされているので、たまにチェックしてるけど、アンテナはどんどん研ぎ澄まされてゆきそう。

news167

◆世田谷文学館での「ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる」(4月8日まで・月休)は素晴らしかった!今もっとも勢いのある絵本作家・画家であるミロコさんの魅力がたっぷりで、豊かな表現と色のシャワーを浴びることが出来る。週末には本人登場イベントがあり絵本やグッズも並んでて、ぜひオススメ。

2010年にグループ展でご一緒してから、あっという間にスターになって、才能のきらめきは只者ではなかったけど、桁違いの爆発とでも言っていいような。こういうのが天才なのかも。

ようやく春が近づいてきた感じ。コツコツと頑張っていきましょうっと。

〜2018年2月〜

<< ポキート劇場:175 | main | エルリッヒ と サヴィニャック >>









http://hello.fuyutsubo.com/trackback/918520

BLOG INFORMATION

>> Latest Entries
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links
  Copyright (C) 2005-2018 KAWAMURA, Fuyumi.

(( C O N T A C T ))contactb
Instagram


L I N E クリエイターズスタンプあります

line-stamp

"ポキート劇場" の本はコチラ

         

このページの先頭へ