イラスト・絵本・キャラクター制作
    冬壺茶壺 〜かわむらふゆみWebサイト〜
    illustrator/KAWAMURA Fuyumi

 

 

水戸へ、天王洲へ、

◆先月、ひたち海浜公園のコキアの紅葉にあわせて、水戸へ足を伸ばした。「デイヴィッド・シュリグリー LOSE YOUR MIND ようこそダークな世界へ」を観るために。シュールでブラックなユーモアがたくさん詰まった展覧会で、Tシャツの柄になったドローイングが前後左右ぎっしりだったり、ヘンテコな立体、とぼけたアニメーション、と、おもちゃ箱のよう。中でも、ざわざわと散らばった「虫」はどの角度から観ても面白くて大好きな作品。鼻穴に指したボールペンを走らせる頭も楽しいし、最後のアニメーションのオチにもやられた。展示されてた多数の柄のTシャツが、ショップで購入できれば嬉しかったな。水戸芸術館現代美術ギャラリーにて、2018年1月21日まで(月・年末年始休み)。水戸タワーに登るのも忘れずに。

news163

◆先月、奥能登国際芸術祭でも素敵な作品(廃屋を塩で埋めた海景)だったアーティストの個展へ。岩崎貴宏「ひかりは星からできている」(TERRADA Art Complex 3F, URANOにて、11月25日まで・日月祝休み)。電線や空から見た都市の明るい看板やプラスチックで作った港の景色など、エネルギー問題への意識を感じさせる作品たち。静かに、超絶技で、語りかけてくる。毛糸もタオルも、栞紐に歯ブラシ、何でも立ち上げて電波塔にしてしまう!強力な糊ワザで!

何年か前のヨコハマトリエンナーレで、髪の毛と埃を観覧車にした作品にビックリしたのだけど、それがこの人だった。そうとうプラモデル制作が得意だったのでは。今年のヴェネツィア・ビエンナーレの日本代表だし、すっかりファンになってる。実際目の前でじっくり観てほしい展覧会。天王洲アイル駅と新馬場駅の真ん中あたりでわかりにくい場所だけど、ぜひオススメ。

◆映画「ドリーム」も良かった!1961年の人種差別が公然と行われているアメリカで、自らの能力でNASAでの地位をつかんだ三人の黒人女性の実話。コンピューター黎明期という興味深さ、ケビン・コスナーが久しぶりにカッコイイし、すっきり元気になれるストーリー。こんなスゴイ人達がいたなんて。

〜2017年11月〜

<< ポキート劇場:170 | main | ポキート劇場:171 >>









http://hello.fuyutsubo.com/trackback/918510

BLOG INFORMATION

>> Latest Entries
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links

 ((( 画像と文章の無断転載を禁じます!))) Copyright (C) 2005-2018 KAWAMURA, Fuyumi.
 NO REPRODUCTION OR REPUBLICATION WITHOUT WRITTEN PERMISSION !!

(( C O N T A C T ))contactb


Instagram


L I N E クリエイターズスタンプあります

line-stamp

"ポキート劇場" の本はコチラ

         

このページの先頭へ