イラスト・絵本・キャラクター制作
    冬壺茶壺 〜かわむらふゆみWebサイト〜
    illustrator/KAWAMURA Fuyumi

 

 

奥能登国際芸術祭 2017

◆石川県の先端にある珠洲市で今年から始まった奥能登国際芸術祭(10月22日まで)。妻有や瀬戸内での成功、そしてこの夏の北アルプスも良かった”総合ディレクターが北川フラム氏”なので、これはマチガイ無し!ということで行ってきた。羽田〜のと里山空港までは1時間ほど。まず感じたのは屋根が真っ黒ということ。つやつや光った黒い瓦屋根が印象的な家ばかり。奇跡的に天候に恵まれた二泊三日で全作品制覇のうえ、白米千枚田のイルミネーションなども観光できてとても良かった(レンタカー利用)。

news162a

多くのレベルの高い作品を楽しめるし、その作品に辿り着くまでの風景も楽しめる。利用していた電車がある日無くなってしまう現実。。。廃線や廃屋に展示されることで、過疎化や環境について、また、当時の様子を感じることができる。作品もモチロンいいけど、その背景も含めて五感で向き合えるから。地元のオジちゃんオバちゃんが、きっといつもより元気になってるようなのもいい。だから芸術祭の旅が好きなのだ。

特に好きだった作品は、吉野史子(木彫の魚を元スナックに配置、実は元々遊廓跡)、石川直樹(酒屋、宿屋、銭湯と広げていた一家の写真と共にシュールな置物を組み合わせてた。女郎部屋にビックリ)、さわひらき(暗がりでの映像とインスタレーション)、岩崎貴宏(家屋を塩で埋めつくして海を表現)、南条嘉毅(時が止まった旧映画館をノスタルジックに再現)らのモノ。角文平、ウー・ジーツォン&チェン・シューチャンのも良かった。

news162b

一番栄えている所でも寂しい感じはあったけど、二三味珈琲(コーヒーもケーキも美味しいお洒落な店)、古川商店(美味しいパン)、イタリアンカフェ・こだま(のりピザ最高)等、とても美味しくて!若い人が頑張っている店もあり、この先少しずつでも人が戻ってきて活性化されたらいいなと思う。また次回を楽しみに。

〜2017年10月〜

<< ヨコハマトリエンナーレ、池田学をじっくり | main | ポキート劇場:170 >>









http://hello.fuyutsubo.com/trackback/918508

BLOG INFORMATION

>> Latest Entries
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links

 ((( 画像と文章の無断転載を禁じます!))) Copyright (C) 2005-2018 KAWAMURA, Fuyumi.
 NO REPRODUCTION OR REPUBLICATION WITHOUT WRITTEN PERMISSION !!

(( C O N T A C T ))contactb


Instagram


L I N E クリエイターズスタンプあります

line-stamp

"ポキート劇場" の本はコチラ

         

このページの先頭へ