イラスト・絵本・キャラクター制作
    冬壺茶壺 〜かわむらふゆみWebサイト〜
    illustrator/KAWAMURA Fuyumi

 

 

草間彌生 わが永遠の魂

◆国立新美術館での「草間彌生 わが永遠の魂」を観た。先月88歳になった草間さん。みなぎるパワーと色彩を浴びて、こちらも元気をもらえる展覧会だった。さらにオススメなのは音声ガイドを借りること(+500円)。目で観るだけじゃなく、耳からは本人の詩の朗読や歌声まで注ぎ込むと、、ニヤつかない訳にはいかない危うい楽しさがある。亜土ちゃん&平野レミと同じく、言いたいことがありすぎて追いつかない感じ。もう少し落ち着いて喋ってみて〜と肩を叩きたくなるような。

各タイトルにも注目。愛、初恋、青春、幸福といったキラキラした感情の一方、自殺、死、戦争といったネガティブなもの、その他、平和への願い、星や宇宙など、バリエーション少なめで似たようなタイトルが繰り返される。自身のキモチの状態が表されていそう。

2012年の埼玉県立近代美術館にも行って圧倒されたけど、あれからずっと描き続けていての今回、さらにパワーアップしているように思う。助手がいるとはいえ、大きな作品を描くには気力体力ともに相当必要だから、もう、すごい!!!としか言えない。しかもどんどん色合わせが美しくなってるみたい。初めての人はモチロン、何度でも見応えがある。さすがです。(5月22日まで・2日以外の火曜休み)

news155

◆映画「パッセンジャー」は、予告をみた時は宇宙での過酷なラブストーリーだと思っていたけれど、それ以上にザワつく展開で、かなり衝撃的。。まるでホラーだ、と書いている評もあるように、考えただけで気が遠くなるしゾッとする。とても哲学的なテーマなんじゃないかな。”到着までのその後のこと”に想像を巡らし、観た人どおしでいろいろ沢山話しが出来そう。そもそも、人間の造った装置に100%の信頼なんて有り得ないって、気づいてしまってる私達。ジェニファー・ローレンスの水着サービス(あんなデザインのを持っていくかな??)もあるし、映像美も堪能でオススメ。

この春の桜はのろのろしていて、多忙を抜け出せてから何箇所も満喫することが出来て良かった♪ これからの新緑もワクワク。イイ季節を楽しむ時間をとらないとモッタイナイ。

〜2017年4月〜

<< ポキート劇場:163 | main | ポキート劇場:164 >>









http://hello.fuyutsubo.com/trackback/918493

BLOG INFORMATION

>> Latest Entries
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links
  Copyright (C) 2005-2019 KAWAMURA, Fuyumi.

(( C O N T A C T ))contactb
Instagram


L I N E クリエイターズスタンプあります

line-stamp

"ポキート劇場" の本はコチラ

         

このページの先頭へ