イラスト・絵本・キャラクター制作
    冬壺茶壺 〜かわむらふゆみWebサイト〜
    illustrator/KAWAMURA Fuyumi

 

 

久しぶりのホドロフスキー、近未来の恋愛も

◆1980年代の終わりに、ホドロフスキー監督の「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」と立て続けに観て、アートとしては美しいながらも、強烈さにクラクラ、訳わからなさにグッタリしたもので、その後の「サンタ・サングレ」がずいぶん洗練されて面白かったのを憶えてます。
それ以来の新作が23年ぶり!に来るというのにビックリ!
新作の前に、まず「ホドロフスキーのDUNE」を観ることに。

私の中ではすっかり過去の人だったけれど、85歳のホドロフスキーは思いがけずチャーミングで若々しくて、好感が持てたし元気が出ました。H.R.ギーガーの方がずっと怪しくて不気味…。
リンチ監督の「DUNE 砂の惑星」は街の大看板や宣伝でそそられずに観なかったのだけど、今回のこのドキュメンタリーで、ホドロフスキー版があまりに壮大過ぎたのを知って、実現されなかったのが本当に残念!(ムリも無いけど)
絵コンテの見せ方もイイ感じに想像させてくれて、とても楽しめました。

◆そして新作の「リアリティのダンス」。
監督自身の少年時代を描いているせいか、今までのような哲学的な宗教色は弱まっていて、政治的な空気のなかにありました。
とはいえ中南米的な魔術的リアリズムと色彩で、お約束の素っ裸に障害のある人々、そうそう、この濃厚さ、久しぶりに味わえて良かったです。
母親のセリフが歌だったり(身体に眼が釘付け)、アイスクリーム屋のハート形の車だとか、赤い靴のエピソード等、印象深い素敵なモノがたくさん詰まっていて、さらに観やすくなったみたい。
家族で創っているのも微笑ましいし、次回の新作も楽しみに待ちましょう。

news121
◆ホドロフスキーものの後はスパイク・ジョーンズ作品も薄口に感じてしまうけど「her 世界でひとつの彼女」は、なんとも奇妙で未来的なラブストーリーでした。
人間とコンピューターOSとの恋愛。見た目も大切だけど、声や会話がかなり重要というのは理解できます。二人で口ずさむ歌がとても素敵。
でも、道行く人々が一人で(イヤホンごしのOSと)会話しているのが現実になりそうでナンダカなぁと思ってしまう。
主人公の職業もユニークだけど、まさか現実にはあってほしくないし。
近未来のL.A.ってやけにアジア系が多いと思ったら、上海でも撮影しているようで、へぇーな風景でした。

猛暑もようやく落ち着いてホッとしました。秋が待ち遠しい…

〜2014年7月〜
<< ポキート劇場:129 | main | ポキート劇場:130 >>









http://hello.fuyutsubo.com/trackback/918413

BLOG INFORMATION

>> Latest Entries
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links

 ((( 画像と文章の無断転載を禁じます!))) Copyright (C) 2005-2018 KAWAMURA, Fuyumi.
 NO REPRODUCTION OR REPUBLICATION WITHOUT WRITTEN PERMISSION !!

(( C O N T A C T ))contactb


Instagram


L I N E クリエイターズスタンプあります

line-stamp

"ポキート劇場" の本はコチラ

         

このページの先頭へ