イラスト・絵本・キャラクター制作
    冬壺茶壺 〜かわむらふゆみWebサイト〜
    illustrator/KAWAMURA Fuyumi

 

 

絵本を箱につめて

news81
◆先月末に、私の絵本「ティロティロとポポのあさのおはなし」のファンの方からメールをいただきました。2冊持っていたうちの1冊を、友人が被災地に送る絵本を募っていたので送りました、という報告でとても嬉しかったです。
と同時に、そういう事ができるのでは、と思いつつ忙しさに追われていた自分を反省。
そんな時、よく聴いているラジオ番組で、被災地に「本を送るプロジェクト」を始めたと言っていて、まずは小さい子供向けとの事。
コレダ!とすぐに選び、段ボール箱ひとつにぎっしり詰めてJ-WAVEに送りました。友人の本や資料用の絵本以外は、著作の絵本と児童書で新品(作者特有のデッドストックが結構あり)です。
絶版となっていても、ある程度は買い取って確保しているので、通常なら定価で希望者には購入していただくところ、こういう時にはフンパツしていろいろな種類を1冊だったり10冊だったり選びました。いわゆるベストセラーモノではないけれど、喜んでもらえるといいなぁと思います。
それにしても仕分け作業は大変そう。服でも、汚れたものが届いたり、大量に届きすぎて廃棄したりというニュースを見ると、心配になってしまう…、どうかうまくいきますように。
今は子供向けの募集ですが、時期を見て内容が変わるようなので、興味のある方は詳細を確認してください。

◆谷中のギャラリーやぶさいそうすけでは、6/3〜13(火水木曜休み)は常設展で、いつもは奥の棚に置かせてもらっている「ポキート劇場」の本も、手に取りやすい状態になるそうなので、近くにおいでの際には、ぜひ。

新緑の季節が一番好きです。散歩が気持ち良くてずんずん歩きます。たいていは夕方に。
節電の東京はすっかり夜が暗く、住宅街を歩くのはちょっと怖いほど。街灯はもう少し点けて欲しい気がします。

〜2011年5月〜


<< ポキート劇場:84 | main | ポキート劇場:85 >>
とてもいいね!
きっと、ふゆみの選ぶ本は子供は喜ぶはず!!
私も何かしたいな〜と思いつつ募金以外(しかもちょびっと...)してない。
ちょっと考えてみよう。

| おー | 2011/05/28 11:22 AM |

ありがとう〜。
サポートは「細く、長く」がいいそうです。
なにかと心配はまだまだ続くし、いろいろと考えてしまうね。
| 冬壺 | 2011/05/28 11:56 AM |

Good job Fuyumi!
| Hanae | 2011/06/02 8:59 PM |

帰国の際はいろいろ話ききたいです!
| 冬壺 | 2011/06/03 8:46 PM |










http://hello.fuyutsubo.com/trackback/918305

BLOG INFORMATION

>> Latest Entries
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links
  Copyright (C) 2005-2018 KAWAMURA, Fuyumi.

(( C O N T A C T ))contactb
Instagram


L I N E クリエイターズスタンプあります

line-stamp

"ポキート劇場" の本はコチラ

         

このページの先頭へ