イラスト・絵本・キャラクター制作
    冬壺茶壺 〜かわむらふゆみWebサイト〜
    illustrator/KAWAMURA Fuyumi

 

 

浅間国際フォトフェスティバル

◆軽井沢の隣町、御代田にあったメルシャン軽井沢美術館が閉館してしばらく経ち、とうとう新たに”Photo MIYOTA"となっていた。来年の本格始動の前に「浅間国際フォトフェスティバル」が入場無料で開催されていてとても楽しめた!

浅間山を望めるガーデン散策をしながら、または館内でも数々の作品(写真・映像・インスタレーション等)を体験できる。ノスタルジックなもの、ユニークなもの、爽やかもヘンテコもあり、展示方法も個性それぞれ。私が訪れた日は天気が良かったけれど、屋外の作品は雨天時にはどうなるのかな。この夏は猛暑のち悪天候で心配。

一番気に入ったのは、屋外でモノクロ写真をずらり並べたロジャー・バレン作品。入ってすぐの顔パーツを切り立たせたものや、ハメ顔看板も面白かった。トークショーやワークショップもあり、夏休みにぴったりな企画で、軽井沢に行く際は少し足を伸ばしてみるのをオススメしたい。あの場所がつまらない所にならずに済みそうで良かった。9月30日まで。

news174

◆鎧姿の小さなアート「野口哲哉 〜中世から愛をこめて〜」(9月2日で終了)を銀座のPOLA MUSEUM ANNEXで観た。レンブラント風絵画なども並んでいて、技術力表現力ますますアップの充実した空間だった。一番ツボだったのは柏餅の兜。これからの展開も楽しみにしたい。

台風・雷・地震! 災害続きの日本列島。憂鬱なことが次々起こるこの頃。明るい気持ちでいたいけど。

〜2018年9月〜

水と土〜大地の芸術祭 2018

ずっと気になっていた新潟でのトリエンナーレに初めて行って来た。瀬戸芸には第一回から行っているのに、先輩格のこちらにはだいぶ出遅れてしまった。新潟市での「水と土の芸術祭」に一日(泊)、越後妻有での「大地の芸術祭」は二泊三日、レンタカー駆使しての計四日間。東京・瀬戸内も暑いけど、新潟も同じくらい暑かった!  夜だけは、火星ひときわ輝く星空を見上げるのにいい気温だったけど。

◆「水と土の芸術祭」(7/14〜10/8)の方は、フライング気味に準備したので、日程の水曜がまさかのメイン会場休館日と知ったのが、行く3週間前。マヌケだった〜。一番観たい作品が集まっていたのに。。早割の宿も新幹線も取り消す気力なく、すっきり諦めて、アートもいいけど土地の魅力を楽しむのが第一、と思い返す。メイン会場自体には魅力はないけど、旧斎藤家別邸とその周辺や天寿園は、建物も庭園も素晴らしくて、作品と共に良かった。青木野枝と、特に潘逸舟の”循環”という作品(目から涙が流れ落ちて波になる映像)が最高だった。

駅弁「えび千両ちらし」も駅ナカの居酒屋「ぽんしゅ館 魚沼釜蔵」も大のお気に入りになった。潟に山並みが映り込む風景が印象的。芸術祭としては、せめて8月は無休にするとか、駐車場を無料にするとか、パスポートの満足感が薄いような気がしたのが残念。水曜に行ったのが悪いのだけど。

news173a

◆「大地の芸術祭」(7/29〜9/17)は新潟から十日町に午前中に入り、川西エリア〜(小嶋屋総本店で天へぎ)〜松代エリアを巡って松之山温泉泊。翌日は松之山エリア〜十日町エリアを巡り、ミオン中里泊。最終日は津南エリア〜(クローブ座)〜中里・清津峡へ。かなりの広範囲なので、あまり離れていたり興味の弱い作品は削っても時間が足りず、諦めたものもあったけど、ほぼ予定通りで満足。ずっと雨が降ってないとの事で、田んぼがひび割れてたのが痛々しかったけど、遠目には夏緑色が美しかった。

news173b

作品で好きだったのは、野投のいろいろ、ワープクラウド、国境を超えて・絆(林舜龍はハズレなし)、夢の家、最後の教室、ドクターズハウス、影向の家、家の記憶、ゴーストダンス(夜も強烈)、太田島公園、そして上郷クローブ座レストラン「北越雪譜」。地元の女衆の手料理とパフォーマンスが温かい気持ちになれてとても良かった!味も抜群。

news173c

帰り際の清津峡トンネルは駐車場渋滞のため、少し遠くから歩くことにしたので、時間に余裕を持たないと大変。トンネル内の往復は40分前後で楽しめる。いいスポットが出来たものだなぁ!このアイデアは他のトンネルでもマネできる所はやって欲しい。

へぎそばは、小嶋屋総本店と小嶋屋のどちらも美味しく食べて、ちょっとした違いを知った。天ぷらの具に舞茸か、辛子かワサビか、胡麻は自分で擦るかどうか、等。私は総本家派かな。ギラギラと暑かったけど、所々で麦茶やキュウリやプチトマト、ミニおにぎりをいただいたり、おしゃべりをして、名所・古民家・風景を巡って楽しめて、アートにハッとしたりホォ〜としたり、やっぱり芸術祭はイイなぁと心地よい疲れが残っているところ。

〜2018年8月〜

原美術館での「小瀬村真美:幻画」

◆原美術館で「小瀬村真美:幻画〜像(イメージ)の表皮」を観た。クラシカルな西洋絵画に見えて、実は写真であり、長期間撮影した写真のコマ撮りアニメーションだったりする。

振り子のように二画面を使った作品は、不穏な空気に染まってゆくまでが長めだけど、なかなか面白かった。小さなモノクロ作品でも、よく見るとかすかに胸が上下して呼吸しているのがわかったり、ほんの一瞬の積み重ねを大切に切り取っているように感じた。静寂と寝息と崩壊と。瀟洒な屋敷にぴったりな展覧会だった。(9月2日まで・月休)

news172

◆妹の誕生祝いに家族で集まって、久しぶりの鰻重を頬張った。幸せな味〜。絶滅の危機がどうなっているのか、スーパー等で売ってるのを見るとよくわからないけど、この食文化は永遠であってほしい! 年に一度でいいから(ホントは毎月でも食べたい)。

◆今月はいろいろあってあまり出歩けず、なんといってもとにかく暑い。年々ひどくなってる気がするし、災害が多発してるのは気候のせいとはいえ、開発しすぎたツケが来ているように思う。さらに地震まで各地で起きているのだから、自然の前では人間の非力さに愕然とする。どうかこれ以上暴れることがないよう願うばかり。

〜2018年7月〜

ひびのこづえ展 と 藤田嗣治の挿絵

市原湖畔美術館「ひびのこづえ展 rokujuu 」は素晴らしかった! コスチュームアーティストとして30年、あらゆるモノをコスチュームに創造してきた彼女の魅力的な作品の数々。実際に着て動いたら、もっと面白いはずで、そのためにパフォーマンスの日もあったけど、観てみたかったなと思う。実は去年の奥能登国際芸術祭で、海の泡のようなドレスを着ることができて、嬉しいのとポワンポワン弾むので踊りたくなったのは確か。

赤い階段(懐かしい)、白い煙を吐く家、海の中、体の中、チェシャ猫、大蜘蛛!等など。ポップで、時にはクラシカルで、ダークな世界もあり、色使いは美しく、造型はユニーク。さすがです! ちょっと遠いけれど、とても気持ちいい場所なので、ぜひオススメ。6月24日まで・月曜休み。

千葉をドライブでというなら、1時間ほどのDIC川村記念美術館(遊歩道も忘れずに)と組み合わせても、天気が良ければイイ一日になるはず。

news171

目黒区美術館「藤田嗣治 本のしごと」は”フジタの乳白色”とは違うタイプの魅力があって良かった。本の挿絵は細い線画で、浮世絵を感じさせると同時に、どこか西洋風でもあるので、海外から見た東洋のエキゾチックさがある(「日本昔噺」「中毒に就て」が最高!)。そして、友人への手紙が楽しい!筆まめさにビックリするし、可愛らしい一面を知った。6月10日まで。その後、6月23日〜10月30日・三島のベルナール・ビュッフェ美術館、他へ巡回。

〜2018年6月〜

じっくり観る、ドキドキしながら観る

新緑の鎌倉が美しかったなぁと思ったら、先日の軽井沢あたりは少し戻って、藤やツツジが満開、八重桜も残っている季節だった。寒い雨で、アミガサタケとツチグリ集団に出会えたのは嬉しかった♪ものの、花粉も再び浴びた感じ。

news170

◆銀座のPOLA MUSEUM ANNEX「もっとそばに face to face 田中智 ミニチュアワールド」の超絶技巧がすごかった!拡大したほうがリアルなくらいの精度で、細かい部分のエッジや美味しそうな色と質感には驚くばかり。お菓子類はモチロンいいけど、タッパに詰めたおかずに一番ぐっと来た。これはぜひ自分の目で確かめて楽しむ展覧会なので、ナントカ空いていそうな時を狙って行くのがオススメ。5月27日まで。

◆映画は「ザ・スクエア 思いやりの聖域」を観た。カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドール受賞のスウェーデン映画。権威ある美術館のキュレーターである主人公は、ハンサムで洗練されていて、車は希少なテスラ。そんな彼がスリに遭い、悪いほうへと展開していく。不運もあるけど選択の誤り?誰にでも起こりうる事態かもしれない。緊張で身体を固くしながら、所々笑い、皮肉をたっぷり浴びる2時間半。ここ何年かヨーロッパの特に北欧の映画は、格差社会と移民問題を扱っているものばかり観ている気がする。とても現代的。怖くて面白い、考えさせられる作品だった。

〜2018年5月〜

チョウズマキ / チジキンクツ

◆市ヶ谷と飯田橋の間にあるMIZUMA ART GALLERYでの「赤松音呂 Chouzumaki / Chijikinkutsu 」がとても良かった!

階段をあがって扉を開けた先にある、静かな薄暗い異空間。まず目に入ってくるのは、ガラスの造型のユニークさ。そして、その中で回る渦巻きと、聞こえてくる音を楽しむインスタレーション。奥の部屋ではまた違う金属音が、たまに起こる。まるで小さな虫のような動きで。理科の実験室を美術寄りにした心地よい世界は、ゆっくり浸るのがオススメ。4月4日ー28日まで(日月祝休み)

news169

◆この春は、桜の開花がかなり早くて天候が良かったので、2週間ほどの間に何回も花見を楽しめた。花より団子で友達とのいい時間を過ごせたり、その前の梅もキレイだったし、春らしさを満喫できた。その反面、花粉が恐ろしく多かったために皮膚がやられてツライ事になってしまった。あぁ〜!コップが溢れた以上どうしようもなく、通院の身に。そういえばここ何年か、まぶたが変になっていたっけ。ホントこの時期は、ワクワクとユウウツが同時に来て困る。

〜2018年4月〜

エルリッヒ と サヴィニャック

◆六本木ヒルズの森美術館での「レアンドロ・エルリッヒ展 見ることのリアル」(4月1日まで)は、とても楽しめた。代官山のアートフロントギャラリーでも2月25日まで短期間やっていた、同じくエルリッヒ展とのハシゴでさらに大満足だった。というのも、六本木では11月から開催していたのに、一度、あまりの混雑に入場をあきらめた事があって、今頃の再トライだったから。

今の時代にぴったりな体験型なので、インスタ女子はもちろん、家族でカップルで観光で、みんな夢中になって写真を撮りあってる。夢の中にいるような不思議空間という面白さがあるから、一人よりも二人以上で行くほうが絶対いい。日常の風景が、少し踏み出したとたん非日常へと変わる時、頭の中が「???」となり、やがて「!!!」となる。窓枠の中だけから、大がかりな仕掛けまで、きっちり丁寧な作り。センス抜群のアイデア。老若男女問わず楽しめるし、見逃してはモッタイナイほどのオススメ!

news168

◆練馬区立美術館での「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」(4月15日まで*巡回あり・月休)も、とても良かった。パッと目を引く色合い、親しみやすいキャラクター、思わずニヤリとしちゃうユーモア! ずいぶん前にサヴィニャック展を観た記憶があるけれど、今回のは”これまでにない大規模な”ものらしい。

カッサンドルの弟子だった初期は師匠の影響が強く、独立してからオリジナリティあふれる作風になって、沢山のポスターが生み出された。懐かしい「としまえん」は、余計な文字は一切無しの潔さ。原画とポスターを見比べると、少し違うのに気づく。浮世絵のように、下絵を描く人(サヴィニャック)とリトグラフの版を作る人(職人)が違うようで、カスレだとか線のラフさを全く同じではなく上手に再現している。むしろ色が鮮やかになって、ポスターのほうが良く見える場合もけっこうあるんだな(逆もあり)と思った。まさに信頼と熟練の技。広告のひとつの時代のスターは、全く色褪せることがなさそう。

〜2018年3月〜

あふれる才能を浴びる

◆夏からやっていたのにギリギリになってしまった「鈴木康広 始まりの庭」(2月25日まで)はとても面白かった。箱根 彫刻の森美術館での展覧会。箱根じたい十何年ぶり?でココは何故か初訪問。天気予報では春の陽気のはずだったのに寒かったけど、屋外屋内お茶で三時間たっぷり楽しめた。

鈴木さんの作品は2010年の瀬戸内国際芸術祭での”ファスナーの船”が初めての出会いで、なるほど〜!なアイデアにワクワクした。身近なモノゴトを”見立て”る作品の数々。水滴がポトリと落ちると切り株に年輪が現れたり、目線の高さで上か下か変わる彫刻、顔のスプーン、空気の人、手の石鹸、現在と過去のスタンプ…等、いいなぁと思うものが沢山あった。ツイッターでも日々”見立て”がアップされているので、たまにチェックしてるけど、アンテナはどんどん研ぎ澄まされてゆきそう。

news167

◆世田谷文学館での「ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる」(4月8日まで・月休)は素晴らしかった!今もっとも勢いのある絵本作家・画家であるミロコさんの魅力がたっぷりで、豊かな表現と色のシャワーを浴びることが出来る。週末には本人登場イベントがあり絵本やグッズも並んでて、ぜひオススメ。

2010年にグループ展でご一緒してから、あっという間にスターになって、才能のきらめきは只者ではなかったけど、桁違いの爆発とでも言っていいような。こういうのが天才なのかも。

ようやく春が近づいてきた感じ。コツコツと頑張っていきましょうっと。

〜2018年2月〜

アーティストたち

◆しばらく続いていたハードな仕事からようやく解放された。この寒さと毎晩遅くまで机に向かっていたせいで、久しぶりに左手の小指にしもやけが出来てしまった。それにしても東京でこんなに厳しい寒さが続く冬は珍しい。雪国のことを思うと甘っちょろいのだけど。正月期間と下旬には出歩くことができた。寒くてもなんの。

日比谷図書文化館での「DOMANI 明日展 PLUS」(2月18日まで)はなかなか良かった。寺崎百合子の鉛筆画と宮永愛子の透明な本の作品が素敵だし、瀬戸内芸術祭で楽しんだ蓮沼昌宏のアニメーションにも再会できた。別の階の図書室にも作品が紛れていたり、この場所自体も時間をかけたい展示だった。

表参道のvoid+での「高田安規子・政子展」(1月20日までで終了)は、部屋の奥でひっそり輝く宝物をこっそり見つけたようなワクワク感。例のトランプや、ゴブラン織の立体化もあれば、小さな花瓶やシャンデリア等の女性らしい感性のきらめきがあった。

news166a

◆映画はアーティストもの2つ。「ジャコメッティ 最後の肖像」では、あまりの傍若無人ぶりに辟易した。品の良いアーミー・ハマーに救われたけど、そっくりなジェフリー・ラッシュはまさに”はまり役”。そんなに持ち上げるほどの天才なのかピンと来ないものの、これは病気かな。

デヴィッド・リンチ:アートライフ」は、彼の映像を観ずにはいられない者としては、彼自身どういう人なのか知りたかった。現在こんなに小さい娘がいて、ひたすら筆か手を動かしているアーティストであり、なんとなくイメージ良さそうな気がしていたフィラデルフィアが”恐怖が垂れ込める意地の悪い街”であった…。ものすごく引き込まれたり、うんざりするほどの嫌悪感を持ったり、作品の良し悪し好き嫌いは極端で、ただ確かなのは深く心に残ること。もやもやでも、グサリとでも。渋谷ヒカリエ8/ART GALLERYでデヴィッド・リンチ版画展(2月12日まで)もやっている。意外とお手頃価格では?と思ってしまった。

news166b

◆上野動物園を訪れたのは数十年ぶり? 愛くるしいシャンシャンには会えなくたって、のんびり寝てるお父さんパンダは会えた。動かないはずのハシビロコウはせっせと毛づくろいしていたのが印象的。こんなに活発なの??

〜2018年1月〜

世界を変える美しい本

◆板橋区立美術館へは、絵本関連の良い企画が多いので、ちょこちょこ足を運んでいる。今回の「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」(2018年1月8日まで・月曜と年末年始休み)も素敵な展覧会だった。都内でも行きにくい場所だけど、充実していて、観るのに1時間半で閉館時間となってしまった。ちょっとした書店で目にした事があるタラブックスの美しい絵本は気になっていたから。

news165a

たくさんの原画は、それだけで素晴らしいものもあるし、たとえシンプルなペン画でも、洒落たデザインでカラフルな絵本に仕立て上げるセンスの良さが光ってる。インドというとかなり泥臭い印象だけど、こんなにもオシャレな世界があるのだという驚き! 絵だけ見ると伝統的で、みっちりと描き込むタイプがほとんどで、かなり画一的ではある。例えば、顔は正面か真横からのみというお約束。映像では、描くところ、シルクスクリーンで刷って製本するところ、など興味深い。ちょっと不満だったのは、グッズ(バンダナ、Tシャツ、トートバッグ…)のイラストにソレじゃなくて、アレとかアレを使って欲しかったなぁと。

news165b

◆2017年の出版・年間ベストセラーの第二位に「ざんねんないきもの事典」が入っててビックリ!うんこドリルより上。メインのイラストではないものの、携わった一人として嬉しい。(ボーナスでも出たらさらに嬉しい…)隅っこのパラパラや合間の四コマが、たくさんの人の目に触れたはず、ということで良かった。今後もこのような幸運な仕事に出会えますように。あっという間の1年。またしても、そしてますます早くなりそう。

〜2017年12月・その2〜

BLOG INFORMATION

>> Latest Entries
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links
  Copyright (C) 2005-2018 KAWAMURA, Fuyumi.

(( C O N T A C T ))contactb
1 / 18 >>
Instagram


L I N E クリエイターズスタンプあります

line-stamp

"ポキート劇場" の本はコチラ

         

このページの先頭へ