イラスト・絵本・キャラクター制作
    冬壺茶壺 〜かわむらふゆみWebサイト〜
    illustrator/KAWAMURA Fuyumi

 

 

月刊絵本と「再構築」と、としまえん

◆久しぶりに手掛けた月刊絵本「いえの いえで」(作:苅田澄子/ひかりのくに)が、おはなしひかりのくに9月号として配本された。年間購読のものなので単独の購入はできず、書店での取り扱いも無いけれど、手元に届いた子達にはきっと気に入ってもらえてるはず。家の中や街を描くのは大変で、コロナ禍の自粛宣言が出ている時も関係なく部屋にこもってコツコツ集中していた。誘惑が無かったおかげか、なかなか面白い絵本に仕上がったんじゃないかなと思う。

 

news201a

 

◆練馬区立美術館「Re construction 再構築」(9月27日まで)は美術館の35周年記念として、収蔵作品を現代の作家4人が再構築した作品とともに展示するという試み。もともと好きで目当てであった青山悟(刺繍)と大小島真木(自然界を扱ったインスタレーション)がやはり印象的で素晴らしかった。青山作品はコロナ禍も含めた社会的なことを、大小島作品からは、この世界にいるのは人間だけではないのだという思いを感じた。実は各々テーマが振り分けられており、色(流)空間(冨井)身体(大小島)メディア(青山)なのだった。しっかり読んで鑑賞すると、なるほど〜となった。

 

news201b

 

◆8月末に都内の老舗遊園地”としまえん”が閉園した。練馬区民ではないけれど比較的行きやすいので、子供の頃から親しんだし大人になってもたまに訪れた。特に子供の頃は木馬の会(年間フリーパス)にも入っていたほどで、思い出がたくさんある。プールも楽しかったけど、夜になって鬱蒼とした木々の中をイルミネーションが灯り、アトラクションからの歓声とリーンリーンと虫の声。ミステリーゾーンに尻込みしてもアフリカ館は絶対に入った。カビ臭さもシュールなラストもたまらなかった。松明のもと現地の人のリンボーダンスやバンブーダンス、芸能人の星空のステージ、もう異世界との遭遇だった。そして最も好きだったのは毎週末の花火大会。出し惜しみなく濃縮された、夢のような30分間だった。隅田川の花火を観た時、なんて間延びしてるんだろと思ったくらい。

閉園前の最後の平日の花火を観に行き、正面入口前で7分間のショーを堪能した。コロナ禍じゃなければ、制限でチケット完売じゃなければ入場して、美しいエルドラドと大好きなフライングパイレーツに乗りたかったな。今までどうもありがとう。

そして、閉園翌朝の新聞広告がサプライズだった!グッと来た。そう、広告が毎回面白かったんだ。さすが、としまえん。

〜2020年9月〜

映画「マルモイ」と 夏キノコ 2020

news200a

 

◆韓国映画「マルモイ ことばあつめ」を観た。少し前に観た「タクシー運転手 約束は海を越えて」がとても良くて、主演のソン・ガンホはモチロン、助演のおっちゃんユ・ヘジンが気に入ってしまって。今回は彼が主役!そして脚本家の初監督作品とのこと。なるほど似たような展開、コミカルでハラハラし、やがてホロリと。

日本統治時代、朝鮮語の辞書を作るために命がけで奮闘した人々がいたという実話を元にしたストーリー。言葉も名前も変えさせられるなんて大変な苦痛だ。当然日本人は悪者だけど、抗日反日を声高にした作品とは感じない。こういう時代があったという事。植民地にされた後に”自国の言葉を取り戻した唯一の国”という事に、へぇーー!と驚いた。これは誇りに思うはず。子役がかわいいし、キャスト達が皆とても魅力的。ホットクを食べたくなる。観て良かった。

 

news200b

 

◆あとは、夏のキノコ観察 2020。キノコだけじゃなく人間とも、もっとたくさん会いたいのに、あと4ヶ月と1週間で今年も終わってしまうなんて!なんて恐ろしい。。

〜2020年8月〜

オラファー・エリアソン と 自伝的な映画ふたつ

news199a

 

◆東京都現代美術館での「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」(9月27日まで・月休)は見応えがあって良かった。昨品を観ることで環境についての意識も高めてくれる、アートの持つ力のひとつだ。「太陽の中心への探査」という作品は、カラフルな多面体がキラキラ輝いていて、その光と動きはソーラーエネルギーが生み出している…と説明を読んでも、いったいどういう仕組みかはわからない。ただ、目の前の作品は美しく回り、しばらく見とれてしまう。

光と影と色彩と多面体と自然現象と。「サステナビリティの研究室」は自然のモノを使っていろいろと研究しているのが面白いし、今回のタイトルとなっている新作は、水面の揺れを周囲に投影して変化する仕掛けが楽しくて、とても気に入った。自分も作品の中に参加できるものが多いので、小さな子供も楽しんでいた。大人はさらに、背筋を伸ばして日常を考えたい。アイスランド系デンマーク人ならではの氷河の記録写真(1999年と2019年に撮影)は衝撃的で、二十年の変化は世界的に自然災害が増えていることに通じているはずだから。

 

news199b

 

◆韓国の若き女性監督の長編デビュー作である「はちどり」。キム・ボラ監督自身の体験をベースにして、1994年のソウルの団地に暮らす中学2年生の少女の日常が淡々と描かれる。無表情だけど、怒りや不安や悲しみ、ドキドキもある日々。その年頃にありがちな事だったり、韓国の時代背景、男尊女卑、学力社会などが見えてくる。心の通じ合う大人との出会いは一生の宝物。自分の将来は輝いているのかな? 少女の美しく不安定な眼差しに泣けた。じんわりと心に残る名作。

◆スペインのアルモドバル監督の「ペイン&グローリー」も自身を投影した主人公が、昔を回想したり絶交した旧友や元恋人と再会したり、人生のまとめ的な作品だった。母親への敬愛や男性どうしの恋愛を繰り返し描いてきた監督も年を取り(バンデラスもだいぶ!)身体にガタが来て、これだけは言っておきたいと思って作り上げたのだと思う。切なさに泣けた(再び)し、魅力的なペネロペ・クルスや色鮮やかなインテリアなど、相変わらず素晴らしい。

〜2020年7月〜

ピーター・ドイグ展 と わたしの若草物語

◆東京でも緊急事態宣言の解除となり、三ヶ月ぶりに美術館に行った。再開を待ち望んでいた「ピーター・ドイグ展」(東京国立近代美術館にて10月11日まで・月休)は、本来なら6月14日までの会期だったので、コロナ禍で閉館のまま終了となったらどうしよう!と気をもんでいたので、延長の発表にはホッとした。予約制になっても、前売りチケットを持っていて混んでいなければ入場できる。

平日の午前、まあまあの人数。大きな作品が多く、観やすかった。カナダ時代の、森と湖とボートの世界が圧倒的に好き。静かな風景なのに自然の美が饒舌で、目からは賑やかなのに、耳からは何も聞こえない。星空のきらめきが無音のように。トリニダード・トバゴ時代ではまた違う描き方となり、静かさにポップな雰囲気がプラスされて、日傘の男、浜辺に寝そべる人たち、ライオン、ピンポン…と不思議な面白さがある。

映画をモチーフとしたシリーズは、タイトルを見ないようにして、何の映画か想像して楽しんだ。住む場所や多くの映画から影響を受けているのだな、と思う。どっぷりイイものを堪能できた。4階のコレクションコーナーで、大好きな小倉遊亀の「欲女 その一」と久しぶりに会えたのも満足。

 

news198

 

◆映画館も三ヶ月ぶり。座席が一つおきで販売というのは、経営的には厳しいと思うけど、観る側には快適でいい。「ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語」は久しぶりに劇場で楽しむのに相応しい作品だった。女性向きだからか、グッと来る場面が多くて涙がでるのに、マスクをしているので拭いづらいったら。

衣装のセンスの良さ(アカデミー賞衣装デザイン賞受賞)と美しい風景(森、湖、海辺など)と。え?あの古典を今またやるの?と思ったけど、現代にも通じる事はあるし、姉妹育ちとしては共感することもある。子供の頃に児童書で読んだり、テレビで映画を観たりした記憶はある。不変のテーマを新しい感性で、繰り返しリメイクする意味はあるのだと思う。主役のシアーシャ・ローナンの魅力があふれている!のを筆頭として、女優たちが素晴らしい!(ローラ・ダーンもメリル・ストリープも、ふてぶてしいフローレンス・ピューも)しばらく余韻にひたれる作品だった。

これから何が起こるかわからないので、観たいモノはなるべく早く行っておかないと。そしてやはり、絵は実物を美術館で、映画は映画館で観ないと、100%の魅力はわからない。あとは、、友達と会ってハシャゲる日が来ることを。

〜2020年6月〜

ようやく、、まだまだ、、少しずつ

news197

 

◆1月下旬から美容院に行っていない。3月下旬から映画館にも美術館にも行っていないし、電車にも乗っていない。不要不急で怖さもあってキャンセルした歯のクリーニングには、先日4ヶ月半ぶりに行った!ちょうど東京の緊急事態宣言の解除をした後で、気持ちが少し楽になった時だったし、スッキリしたし診てもらって安心した。

新たな感染者の数に一喜一憂しながら、気を緩めすぎない程度に進んでいきたいとは思う。来月には美術館に行けるかな。近所を歩くだけじゃなく、もっと遠い所へ、もっと広い世界へ出て行ける日が、また来てほしい。ZOOM飲み会もしてみたけれど、やっぱり生の集まりがしたい。3密、ソーシャルディスタンス、と来ての「新しい生活様式」とは、なんとも他人行儀な言葉。歴史の教科書に載る日々はきっとまだ続きそう。

〜2020年5月〜

STAY HOME の日々

news196

 

◆ひたすらコツコツ仕事して、たまに外に出るのは、ウォーキングと買い物の時ぐらい。たいていは早起きして40分ほど歩くのだけど、このご時世、ジョギングの人が増えてしまい、いつも行っていた広い公園の混雑を避けることにした。住宅街の花々を見て歩くだけというのも楽しく思う。あとは猫と仲良くしたり、radikoでいろいろなラジオ、またはCDを聴いたりすると、気持ちがあがる。そんな4月。そのうちスパーンとすることが無くなったら? しなくちゃならない事はいくらでもある。すぐにお金になるわけじゃないのが困りもの。

コロナビールの空き瓶を見つけて、コロナだ…とニヤリ。久しぶりに飲みたくなるよね、あの頃みたいにライムを絞って。

〜2020年4月〜

映画をひとつ、展覧会をひとつ、そして外出自粛

なんとも重苦しい日々となっている。”不要不急の外出の自粛”はしっかり守りたいけど、長期戦を覚悟しなくては。自粛要請が出る前に、映画をひとつ、展覧会をひとつ観ていた。30分ほど歩いて行けて、広く空いている映画館を選んだり、展覧会へは今月最初で最後の電車に乗ったけど空いていて、広大な生田緑地が会場だったし、今となっては行っておいて本当に良かった。

◆映画「ジュディ 虹の彼方に」は、10代でスターとなったジュディ・ガーランドの晩年を中心に、子供時代の苦しい姿が差し込まれ、大人たちに薬と言葉で支配されてきたことがわかる。ガリガリで精神的に不安定な47歳のジュディは痛々しく、スターの宿命なのか、こんな若くして亡くなっていたなんて知らなかった。

子供の頃テレビでたまに放映された「オズの魔法使い」の夢のような世界に魅了されたし、ちょっと怖いところも好きだった。まさか撮影時にあんな辛い思いがあったとは。レネー・ゼルウィガーはアカデミー主演女優賞なだけあって貫禄の演技と歌唱。ロンドンの世話係の女性も良かったし、ゲイカップルの家に行く場面がとても好きなエピソードだった。

 

news195

 

◆川崎市岡本太郎美術館での「第23回 岡本太郎現代芸術賞展」は実に濃厚で、パッションがほとばしる力作揃い!面白い作品だらけの中、やはり岡本太郎賞の野々上聡人作品は、平面も立体もアニメーションまでも、ぎっしりと迫力満点で凄まじい熱量!すごい。岡本敏子賞の根本裕子作品「野良犬」も、恐ろしいほどの凄み。陶土で作られているのにも驚く。

4月12日まで(月休)だけど、こんな素晴らしい展覧会が観てもらえないのはモッタイナイ。あらゆる業種が非常事態で、いったいいつまで続くのか。。ひたすらせっせと仕事をしていて、もともと引き籠もり期間だったけれど、息抜きに人と会うのもガマン。どうか、早く良い兆しが出てくることを願うばかり。

〜2020年3月〜

彫刻展と 映像祭と QUEEN遊び

◆府中市美術館での「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)が素晴らしかった。2018年の「水と土の芸術祭」で観た石鹸の作品に再び会えて、大好きなシリーズだけど、やはり代表的なのはダイナミックな鉄の彫刻たち。展覧会のタイトルのように、山のようにも森のようにも感じる造形。石膏越しに眺める鉄の林は風景となり、棘と卵の組み合わせにはストーリーを想像する面白さ。

点数は多くないものの、作品のスケール感で圧倒された。「展示場所に合わせて作られ、展示が終わると解体され」るという。そんな!これを?潔いというのか、保管の問題もあるのか、パワフルなのは間違いないし、インスタレーションと捉えれば納得で、アートの一期一会も大切にしたい。

 

news194

 

恵比寿映像祭(2月23日まで)は無料で楽しめる作品もたくさんあり、さらに有料上映のアジアの短編アニメーション10作を集めた"DigiCon6 ASIA"を観てみた。今回の映像祭のテーマが「時間を想像する」ということで、時間=生と死を扱ったものが多いように感じた。もっとナンセンスなタイプもあればいいのにと思い、気に入った作品は二つ。しばたたかひろ「何度でも忘れよう」(熊のぬいぐるみが主人公のダークなタイプ)と、リュウ・マオニン「僕と磁石と大切な友達」。特にこの中国の作品は、こってりした絵と素朴なナレーションと切ないストーリーで、たまらなく良かった!(もう上映は終了)またどこかで別の作品が観てみたい。

◆銀座のSONY PARKでやっている「クイーンと遊ぼう」が楽しい♫ QUEENの音楽を体験しながら遊べるなんて”待ってました”な企画。ボヘミアン・ラプソディのMVに顔ハメ参加できるなんて夢のようだし、カラオケボックスでは例のマイクスタンドが渡されるし、平日は空いていたし、また行ってしまう予感。3月15日まで。

でも、コロナウィルスの心配と仕事の具合で、なかなか気楽には外出できなさそう。花粉も酷くならないことを願うし、とにかく世の中の重い事態が明るい方へ行って欲しいと思う。

〜2020年2月〜

暖かな1月、久しぶりに映画など

◆2020年がスタートして、あっという間に一ヶ月経ってしまっている。正月明けに初めて訪れた生田緑地が、天気も良かったせいか気持ちよくて、こんな所が近所にあったらいいなぁと気に入ってしまった。花の季節、新緑、きのこ!と何度も訪れる予感。川崎市岡本太郎美術館での「芸術と社会 現代の作家たち」展を目当てに行き、常設とともに素晴らしく、たっぷり楽しめた。今回はあきらめた民家園もそのうち、きっと。

きのこといえば、ガシャポンの「LEDきのこライト」の出来の良さに興奮して、揃えたのは当然のこと。

 

news193

 

◆映画はカンヌでパルムドール受賞の「パラサイト」! ポン・ジュノ監督作品はほとんど観ているファンだけど、今回はもう、ストーリーの秀逸さに圧倒された。視覚と嗅覚、ドキドキハラハラ、衝撃!、、観たあとのザワツキと高揚感。社会問題を扱いながらエンターテインメント性もあり、感情を揺さぶられまくる。豪邸の構造は韓国ならではだろうし、半地下住居の構造もまた驚く。なんだか物凄いモノを観てしまった、と思うし観るべきな作品だった。

◆都内ではもう終了してしまったけれど、上映ラスト前日に駆け込んだ映画「シュヴァルの理想宮」も素晴らしかった。こちらは静かな感動があり、涙を流さずにはいられない。風景の美しさはまるで当時のままのようだし、俳優たちは皆、品格を感じさせるような、主役も奥さんも上司もとても良かった。

シュヴァルについては前から知っていて、いつか観に行ってみたい場所のひとつであり、昔そこを旅行した友達から絵葉書をもらったこともある。映画でも登場したあの絵葉書。絶対捨てたはずはないのに、今のところ見つからない…。偏屈な男の人生は、悲しみに見舞われながらも、コツコツとやり遂げた実話。こういう芸術には敵わないな。

〜2020年1月〜

ミナ ペルホネン / 皆川明 つづく

◆リニューアルしてから初めて訪れた東京都現代美術館。「ミナ ペルホネン / 皆川明 つづく」展を観るため、ミナの服ではないけれど、自分なりにお洒落して。かなり昔、新宿伊勢丹4階のセレクトコーナーに少しばかりミナの服を扱っていた頃に、生地が気に入って買ったスカートは、紫色のベルベットにグレーのトンボ柄が盛り上がっているもの。サイズが少し小さかったのに無理に着ていて、さすがに着るのを諦めても捨てられず、トートバッグに作り直せないかと思って、裁縫の得意な友達に渡してそのままじゃなかったっけ?!と思い出した。(会場にその生地は無かった)

そう。ミナの服作りは生地のデザインから始まる。アイデアはモチロン良いけど、それを実現する職人さんに敬服してしまう。細かい指示にとことん付き合う信頼関係あってこそ。流行を追わず、長く着てもらう、ファストファッションとは逆の姿勢。ファストファッションの需要は否定できないし、価格的な問題は仕方ない。

イラストもとても素敵で、新聞の連載はいつも楽しみにしている。服の愛用者の日常の映像はいい雰囲気だし、服にまつわるエピソードの一つ一つが、じんわりと感動的で良かった。なんだか哲学的でオススメの展覧会、2月16日まで。

 

news192

 

◆リニューアルオープンといえば、渋谷パルコにも興奮した。パルコ2の方は今風のホテルになっていたけど、パルコ1に入ると高級ブランドのロエベやグッチがドーン!こってり濃厚なワクワク感で、タイルから壁から楽しい(ドードー鳥のマフラーなんて素敵すぎる!…見るだけでも満足)。上に行けば美術手帖のショップでアート作品が買えたり、ゲームの世界もあって、服だけじゃないいろいろなタイプのショップを巡りながら「面白い」という感覚を刺激された。劇場やミニシアターも復活で嬉しい。地下の食堂街もごちゃ混ぜ世界で、あちこち入ってみたくなる。また行ってみよう。

◆千葉市美術館で12月28日までの「目 非常にはっきりとわからない」展は私にはいまいち響かなかった。今年一番と絶賛する人、ただニヤニヤする人、なにこれ?とつまらなく思う人。評価は分かれているようだけど、行く前にたぶんこういう状態なんじゃないかな、と想像していたそのままだった。何度か訪れたことがある千葉市美術館が改装中という時ならではの展覧会ということで。

何度か通った人は変化に気づくのか、ほんとにモヤモヤしてしまう。「目」の作品は今まで各地の芸術祭などで面白く観てきたので、つい期待してしまうので残念だったけど、来年のオリンピック期間の「まさゆめ」プロジェクトは楽しみにしている。

それにしても、今年もあっという間に過ぎてしまった。。

〜2019年12月〜

BLOG INFORMATION

>> Latest Entries
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links
  Copyright (C) 2005-2020 KAWAMURA, Fuyumi.

(( C O N T A C T ))contactb
1 / 21 >>
Instagram


L I N E クリエイターズスタンプあります

line-stamp

"ポキート劇場" の本はコチラ

         

このページの先頭へ