イラスト・絵本・キャラクター制作
    冬壺茶壺 〜かわむらふゆみWebサイト〜
    illustrator/KAWAMURA Fuyumi

 

 

グリーンブック と マイ・ブックショップ

先月から引き続き、コツコツとひたすら仕事の日々がようやく終わった〜。花見ものんびりできそうで、ホッとしているところ。途中我慢できずに観たモノと、楽になってすぐに観たモノと、2本の映画について。

news181

◆「グリーンブック」は、アカデミー賞の作品賞と助演男優賞を獲得した作品。主演男優賞だっておかしくないくらい、でも何も獲らなかったとしても絶対観に行ったし、観たあとの幸福感が素晴らしかった。

ハンサム系だったヴィゴ・モーテンセンが、粗野なでっぷり親父となってて”別人”のよう。助演(主演とも思えるけど)のマハーシャラ・アリは佇まいか顔つきか、いつもなんだか素敵。美人妻のリンダ・カーデリーニはどこかで観てるはずだけど何だっけ?と気になってチェックしたら、大好きだった米ドラマ「ER」に出ていた金髪で小柄な気の強い看護師役。あの頃とはずいぶん印象が変わったけれど、いい年の取り方をしてて嬉しく思う。

黒人ピアニストと白人運転手が、差別のひどい時代のアメリカ南部を演奏ツアーをする事実を元にしたストーリー。こんな人がいたなんて! 当時のヒット曲もたくさん流れるなか、別世界だった二人の距離が近づいてゆく。現代でも差別と偏見というのは相変わらずあるし、世界中にあふれていて永遠になくならない問題かもしれない。煽る人は軽蔑しかないけれど、自分の意識がいつでも正しいわけじゃない。経験だったり教育だったり、一人一人の心がけしかないのかな。

最後の妻のひとことが粋で、涙があふれるほど温かい気持ちになれた。誰にでもオススメしたい大好きな映画。

◆「マイ・ブックショップ」は1959年のイギリスの保守的な小さな町が舞台。強い風が吹く海辺、曇や雨がち、石造りの家、人々の顔は穏やかとは言えない。そんな場所で一人、未亡人の女性が本屋を開くというストーリー。応援をしてくれる人もいれば邪魔をする人もいて…。

全体の色調が美しく、ファッションや小物の隅々までセンスの良さを感じる。イギリスらしさも随所に。本を包んだ紙紐をほどく、ケーキを切り分ける、丁寧に紅茶を注ぐ、などの仕草がたまらなく良かった。主演女優も素敵だったけど、本屋を手伝う少女の仏頂面がチャーミングで、この二人の関係が未来の希望であり、切なくもじんわり来るイイ映画だった。

〜2019年3月〜

節分から良い兆し

news180

◆隣町の節分会に行き、豆まきでいつものように大した収穫なく帰宅。飛んでくるミカンや周りの気迫に恐れながらも楽しんで、豆の袋やチョコレート等いくつかキャッチできたし、斜めがけバッグを開いて運良く何か入ったりもした。

寝る前にバッグを片付けようと中身を再確認したら、奥底に「福」と書いてある包みを発見!あれっ?何かなと開いてみたら、百円玉が出てきてビックリ! これは嬉しい〜! 知らないうちに入っていたなんて、ラッキーに違いない♪ 包みごと財布に入れておくことにした。

◆早速の効果か、ありがたいことに仕事が重なって、今月はひたすら働く日々。来月は観たい映画や展覧会がいろいろあるけれど、しばらくガマンして頑張らなくては。

〜2019年2月〜

ポキート劇場:189

poquito189

チームラボ 森と湖の光の祭

◆埼玉の飯能で北欧を感じることができるらしい。それも気になってはいたけど、ムーミンバレーパークがオープンする前まで、夜間イベント「チームラボ 森と湖の光の祭」(3月3日まで)をやっているので、友達とスケジュールを合わせ、極寒の日に訪れた。

都内の住宅地からだと体感マイナス10℃のつもりで、念入りに着込んで行って正解! 雪がチラついたり、強風が吹いたりもしたけれど基本は晴れていて、キラキラした宮沢湖と向こう側の森と、建設中のムーミン的世界を気持ちよく眺めることができた。といってもイベントは5時半からで、入場したのは3時前で、北欧雑貨(お高め)と埼玉の物産(まあ、仕方ない)を見たり、ライトアップ前も遊歩道の一部を下見で散歩したり。

news179a

いい雰囲気のところもあるけれど、遠くに茶畑が見えちゃう道もあるし、それほど北欧ってわけでもない。北欧的なオープンサンドを食べたけど、具材のハムはサイボクハムだろうし、ラーメン屋があるのはどうなのかな? イベント代金だけで入場は無料なので、近場の人が湖を眺めながらのんびりするにはイイと思う。(ただし駐車場は高額で不評のよう)

で、チームラボのアートイベントはとても楽しめたので、寒すぎる中でも1時間ちょっと、けっこう満足できたのだった。

news179b

遊歩道沿いに大きなタマゴ型ライトが並び、色がメラメラと変化し、軽く叩くことでもまた変わる。遠くで観てもキレイ、辿りながら森を進み、高台に広がる光の集合体にはちょっとした興奮があった。三ヶ所の見せ場のうち一ヶ所だけ、強風のため中止だったのが残念。そこは球形を宙に浮かせている状態のようなので無理もないけど。

このイベント終了後、ムーミンバレーパークのオープン3月16日以降はきっと混雑しそう。飯能駅からのバスの車窓がちっとも北欧じゃないのは当たり前でも、もう少し改良の余地がありそうなメッツァビレッジ。暖かい時期にまた違う景色を見てみたい。

〜2019年1月・その2〜

ポキート劇場:188

poquito188

BLOG INFORMATION

>> Latest Entries
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links
  Copyright (C) 2005-2019 KAWAMURA, Fuyumi.

(( C O N T A C T ))contactb
1 / 97 >>
Instagram


L I N E クリエイターズスタンプあります

line-stamp

"ポキート劇場" の本はコチラ

         

このページの先頭へ