イラスト・絵本・キャラクター制作
    冬壺茶壺 〜かわむらふゆみWebサイト〜
    illustrator/KAWAMURA Fuyumi

 

 

ピーター・ドイグ展 と わたしの若草物語

◆東京でも緊急事態宣言の解除となり、三ヶ月ぶりに美術館に行った。再開を待ち望んでいた「ピーター・ドイグ展」(東京国立近代美術館にて10月11日まで・月休)は、本来なら6月14日までの会期だったので、コロナ禍で閉館のまま終了となったらどうしよう!と気をもんでいたので、延長の発表にはホッとした。予約制になっても、前売りチケットを持っていて混んでいなければ入場できる。

平日の午前、まあまあの人数。大きな作品が多く、観やすかった。カナダ時代の、森と湖とボートの世界が圧倒的に好き。静かな風景なのに自然の美が饒舌で、目からは賑やかなのに、耳からは何も聞こえない。星空のきらめきが無音のように。トリニダード・トバゴ時代ではまた違う描き方となり、静かさにポップな雰囲気がプラスされて、日傘の男、浜辺に寝そべる人たち、ライオン、ピンポン…と不思議な面白さがある。

映画をモチーフとしたシリーズは、タイトルを見ないようにして、何の映画か想像して楽しんだ。住む場所や多くの映画から影響を受けているのだな、と思う。どっぷりイイものを堪能できた。4階のコレクションコーナーで、大好きな小倉遊亀の「欲女 その一」と久しぶりに会えたのも満足。

 

news198

 

◆映画館も三ヶ月ぶり。座席が一つおきで販売というのは、経営的には厳しいと思うけど、観る側には快適でいい。「ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語」は久しぶりに劇場で楽しむのに相応しい作品だった。女性向きだからか、グッと来る場面が多くて涙がでるのに、マスクをしているので拭いづらいったら。

衣装のセンスの良さ(アカデミー賞衣装デザイン賞受賞)と美しい風景(森、湖、海辺など)と。え?あの古典を今またやるの?と思ったけど、現代にも通じる事はあるし、姉妹育ちとしては共感することもある。子供の頃に児童書で読んだり、テレビで映画を観たりした記憶はある。不変のテーマを新しい感性で、繰り返しリメイクする意味はあるのだと思う。主役のシアーシャ・ローナンの魅力があふれている!のを筆頭として、女優たちが素晴らしい!(ローラ・ダーンもメリル・ストリープも、ふてぶてしいフローレンス・ピューも)しばらく余韻にひたれる作品だった。

これから何が起こるかわからないので、観たいモノはなるべく早く行っておかないと。そしてやはり、絵は実物を美術館で、映画は映画館で観ないと、100%の魅力はわからない。あとは、、友達と会ってハシャゲる日が来ることを。

〜2020年6月〜

ポキート劇場:206

poquito206

ようやく、、まだまだ、、少しずつ

news197

 

◆1月下旬から美容院に行っていない。3月下旬から映画館にも美術館にも行っていないし、電車にも乗っていない。不要不急で怖さもあってキャンセルした歯のクリーニングには、先日4ヶ月半ぶりに行った!ちょうど東京の緊急事態宣言の解除をした後で、気持ちが少し楽になった時だったし、スッキリしたし診てもらって安心した。

新たな感染者の数に一喜一憂しながら、気を緩めすぎない程度に進んでいきたいとは思う。来月には美術館に行けるかな。近所を歩くだけじゃなく、もっと遠い所へ、もっと広い世界へ出て行ける日が、また来てほしい。ZOOM飲み会もしてみたけれど、やっぱり生の集まりがしたい。3密、ソーシャルディスタンス、と来ての「新しい生活様式」とは、なんとも他人行儀な言葉。歴史の教科書に載る日々はきっとまだ続きそう。

〜2020年5月〜

ポキート劇場:205

poquito205

ポキート劇場:204

poquito204

BLOG INFORMATION

>> Latest Entries
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links
  Copyright (C) 2005-2020 KAWAMURA, Fuyumi.

(( C O N T A C T ))contactb
1 / 105 >>
Instagram


L I N E クリエイターズスタンプあります

line-stamp

"ポキート劇場" の本はコチラ

         

このページの先頭へ