イラスト・絵本・キャラクター制作
    冬壺茶壺 〜かわむらふゆみWebサイト〜
    illustrator/KAWAMURA Fuyumi

 

 

じっくり観る、ドキドキしながら観る

新緑の鎌倉が美しかったなぁと思ったら、先日の軽井沢あたりは少し戻って、藤やツツジが満開、八重桜も残っている季節だった。寒い雨で、アミガサタケとツチグリ集団に出会えたのは嬉しかった♪ものの、花粉も再び浴びた感じ。

news170

◆銀座のPOLA MUSEUM ANNEX「もっとそばに face to face 田中智 ミニチュアワールド」の超絶技巧がすごかった!拡大したほうがリアルなくらいの精度で、細かい部分のエッジや美味しそうな色と質感には驚くばかり。お菓子類はモチロンいいけど、タッパに詰めたおかずに一番ぐっと来た。これはぜひ自分の目で確かめて楽しむ展覧会なので、ナントカ空いていそうな時を狙って行くのがオススメ。5月27日まで。

◆映画は「ザ・スクエア 思いやりの聖域」を観た。カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドール受賞のスウェーデン映画。権威ある美術館のキュレーターである主人公は、ハンサムで洗練されていて、車は希少なテスラ。そんな彼がスリに遭い、悪いほうへと展開していく。不運もあるけど選択の誤り?誰にでも起こりうる事態かもしれない。緊張で身体を固くしながら、所々笑い、皮肉をたっぷり浴びる2時間半。ここ何年かヨーロッパの特に北欧の映画は、格差社会と移民問題を扱っているものばかり観ている気がする。とても現代的。怖くて面白い、考えさせられる作品だった。

〜2018年5月〜

ポキート劇場:177

poquito177

チョウズマキ / チジキンクツ

◆市ヶ谷と飯田橋の間にあるMIZUMA ART GALLERYでの「赤松音呂 Chouzumaki / Chijikinkutsu 」がとても良かった!

階段をあがって扉を開けた先にある、静かな薄暗い異空間。まず目に入ってくるのは、ガラスの造型のユニークさ。そして、その中で回る渦巻きと、聞こえてくる音を楽しむインスタレーション。奥の部屋ではまた違う金属音が、たまに起こる。まるで小さな虫のような動きで。理科の実験室を美術寄りにした心地よい世界は、ゆっくり浸るのがオススメ。4月4日ー28日まで(日月祝休み)

news169

◆この春は、桜の開花がかなり早くて天候が良かったので、2週間ほどの間に何回も花見を楽しめた。花より団子で友達とのいい時間を過ごせたり、その前の梅もキレイだったし、春らしさを満喫できた。その反面、花粉が恐ろしく多かったために皮膚がやられてツライ事になってしまった。あぁ〜!コップが溢れた以上どうしようもなく、通院の身に。そういえばここ何年か、まぶたが変になっていたっけ。ホントこの時期は、ワクワクとユウウツが同時に来て困る。

〜2018年4月〜

ふしぎ?びっくり! ことばの由来博物館

books23a

books23b

 

books23c

 

<児童書> キャラクターをあらわすことば

文:江川清/絵:かわむらふゆみ/ほるぷ出版(2018)

ポキート劇場:176

poquito176

BLOG INFORMATION

>> Latest Entries
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links
  Copyright (C) 2005-2018 KAWAMURA, Fuyumi.

(( C O N T A C T ))contactb
1 / 92 >>


Instagram


L I N E クリエイターズスタンプあります

line-stamp

"ポキート劇場" の本はコチラ

         

このページの先頭へ